新型肺炎に関して台湾旅行は大丈夫でしょうか?

日本の外務省のリリースです。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=78371

 

2月4日,台湾外交部は,同部のプレスリリースにおいて,新型コロナウイルスによる肺炎が拡大していることに鑑み,2月7日(金)より,過去14日以内(1月24日以降)に中国大陸(香港・マカオを除く)に渡航歴のある外国籍者に対して,台湾への入境制限,査証(ビザ)管制措置を実施する旨発表しました。
  • 中国に住む中国人の台湾入境を全面禁止としています。
  • 香港・澳門の住民も、台湾入境後14日間の在宅検疫を実施。
  • 中国、香港、澳門に14日以内に入境または滞在していた外国人の入境も禁止としています。(トランジットも不可なので気をつけて下さい)

2020年2月12日現在は上記に該当していなければ日本人でも入境できます。

上記従わなければ感染症防止法で処罰され、強制的に隔離されるようです。

 

旅行者の注意点

  • 外国人は現在マスクを台湾で買うことができない。
  • 観光施設によってはマスクが必須になっている。(体温検査もするようです)
  • 日本からマスクを持って行かないと実質観光にならないし、身を守れない。

私見

台湾人は現地で1週間に二枚までしかマスクを買うことができません。

それも保険証の偶数か奇数で購入可能な曜日を決めてます。一度購入した方は7日間は購入できません。

加えて転売防止の為に金額の高騰を法律で抑えております。(一枚5元)

武漢肺炎が流行してからまだ台湾に行っておりませんが街中の人はほとんどがマスクをしているようです。

観光施設によってはマスクが必須になって体温検査もするようで官民共に日本より遥かに上の次元で水際対策を行っている印象です。

(普段電車に乗りませんが東京で電車に乗った時、殆どの人がマスクをしていない事にびっくりしました。)

普段適当で優しい台湾人が武漢肺炎にここまで真剣に対策をしているかというとSARSの時の教訓があるからのようです。

台湾はWHOに政治的な理由で加盟できておりませんが、台湾側は2002年にSARSが流行した際、WHOから診断方法などの重要情報を得られず、SARS封じ込めに苦しんだ経験があります。

最終的にWHOが職員を台湾に派遣したが、73人が死亡しました。

感染疑い例を含めると死者は180人に達し、SARSの終息は世界でもっとも遅かった為だといわれています。

上記の内容を守れば日本より感染リスクは低いのではないでしょうか?

むしろ日本が汚染国として入国拒否をされないことを祈ります。

 

 

当ブログに掲載されている情報に関しては、正しいものを提供することに務めてはいますが、掲載内容からいかなる損失や損害などの被害が発生したとしても、当ブログでは責任を負いかねます。ご了承ください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA