要是[中国語文法]

今日の学習

要是[yàoshi]
要是[yàoshi]

[接続詞] (〔[主語+]‘要是’+述語[+‘的话’]〕〔‘要是’+主語述語[+‘的话’]〕〔‘要是’+名詞〕などの形で用い)もし…なら.

连词“要是”用在前一分句提出一种假设,后一分句说明在这种情况下会
出现的结果,后边分句前常常有“就”或者“那”﹑“那么”等词语。

連詞“要是”用在前一分句提出一種假設,後一分句說明在這種情況下會
出現的結果,後邊分句前常常有“就”或者“那”﹑“那麼”等詞語。

接続詞の「要是」は前の文節に置き、仮定を説明し、後の文節はその状況
の下に生じた結果を説明する。後の文節の前に通常「就」、「那」「那么」
などの言葉がある。

1.
要是不想坐车,咱们就骑自行车去吧。
要是不想坐車,咱們就騎自行車去吧。
もしバスに乗るのが嫌でしたら、私たち自転車で行きましょう。

2.
明天要是下午,(那)我们就不去了。
明天要是下午,(那)我們就不去了。
明日もし雨が降ったら、私たちは出かけません。

3.
昨天你要是来这儿,你就能看见他了。
昨天你要是來這兒,你就能看見他了。
昨日あなたがもしここに来ていたら、あなたは彼と会う事が出来ました。

4.
要是不想今天去,那(么)就明天去吧。
要是不想今天去,那(麼)就明天去吧。
もし今日行きたくないなら、明日行きましょう。

5.
要是你有兴趣的话,咱们一起去。
要是你有興趣的話,咱們一起去。
もし君に興味があるなら,一緒に行こう.

 

間違ってたら教えて下さい。

 

腻,膩[中国語文法]

今日の学習

腻[nì]
膩[nì]

[形容詞](食肉が)脂っこい,しつこい.⇒油腻 yóunì .
[形容詞] うんざりする,嫌になる,飽き飽きする
[動詞]だれる,怠れる

这里“腻”是指因次数多而对某件事厌烦,不想再做。
這裡“膩”是指因次數多而對某件事厭煩,不想再做。
ここでの「腻」は回数が多いため、あることが嫌になって、やりたくなくなることを表す。

 

1.
这几天我天天坐,已经坐腻了。
這幾天我天天坐,已經坐膩了。
ここ数日私は毎日乗っています。もう乗るのは飽き飽きしました。

2.
天天吃方便面,我都吃腻了。
天天吃方便麵,我都吃膩了。
毎日毎日インスタントラーメンを食べ、私は食べ飽きました。

3.
这种电视剧我已经看腻了。
這種電視劇我已經看膩了。
このテレビドラマ私は見飽きました。

4.
尘腻
塵膩
ほこりや垢

間違ってたら教えて下さい。

什么,什麼[中国語文法]

今日の学習

什么[shénme]
什麼[shénme]

否定文に用い)何も(…ない).
(〔‘不是没有什么’+名詞〕の形で否定文に用い,異な考えを持つ相手を丁寧に説得する態度示し取り立てて言うほどの,格別,大して[…でない].

 

“什么”在这里表示否定的意思,意思是“不用带东西”。可以用在动词或形容词后。
“什麼”在這裡表示否定的意思,意思是“不用帶東西”。可以用在動詞或形容詞後。
”什么”はここでは否定の意味を表す。”物をもたなくてよい”という意味である。動詞と形容詞の後に用いられる。

1.
这是大人的事,你小孩子懂什么!
這是大人的事,你小孩子懂什麼!
これは大人の事。あなたは子供分からなくていい(知らなくていい)!

2.
天气这么好,看什么电视呀,出去走走吧。
天氣這麼好,看什麼電視呀,出去走走吧。
天気はこんなにいい。テレビは見ないで、外に出てちょっと歩きませんか。

3.
大家都是朋友,你客气什么呀。
大家都是朋友,你客氣什麼呀。
皆さんは友達です。あなた遠慮しないでください。

4.
你才100斤,胖什么呀;我才胖呢,都130斤了。
你才100斤,胖什麼呀;我才胖呢,都130斤了。
あなたはたった50kg太ってはいない。私はもう65kgです。

間違ってたら教えて下さい。

 

如果[中国語文法]

今日の学習

如果[rúguǒ]
如果[rúguǒ]

(‘如果…[的话]’を複文後節に用い)もし…ならば.≒如其如若若是
(‘如果…[的话],那么便)…’の形で用い)もし…ならば(その場合は…).≒如其如若若是.◆‘如果’は省略してもよく,また前節冒頭に用いるほか,主語の後にも用いる.

 

“如果”和“要是”一样表示假设,用法比“要是”正式。“如果”用在前一分句,后一分句说出结论﹑结果或提出问题,常用“那么”﹑“就”等呼应。
“如果”和“要是”一樣表示假設,用法比“要是”正式。 “如果”用在前一分句,後一分句說出結論﹑結果或提出問題,常用“那麼”﹑“就”等呼應。
“如果”は”要是”と同じく、仮定の意味を表す。使い方は”要是”より正式である。”如果”は前の文節に用いられ、後の文節は結論や結果を述べ、あるいは質問する。通常”那么”、”就”を用い呼応する。

1.
如果你有空儿,欢迎再来。
如果你有空兒,歡迎再來。
もしあなたに暇(時間)があったら、いらっしゃいませんか。

2.
如果你看见望月,就让她来找我。
如果你看見望月,就讓她來找我。
もしあなたが望月と会ったら、彼女に私を訪ねさせてください。

3.
如果你在书中仔细寻找,那么你一定能找到对你有用的东西。
如果你在書中仔細尋找,那麼你一定能找到對你有用的東西。
もしあなたが本の中を注意深く探したら、あなたはきっとあなたに役に
たつことを探すことができます。

4.
如果你不能改正错误,那么怎么进步呢?
如果你不能改正錯誤,那麼怎麼進步呢?
もしあなたが間違いを訂正することが出来ないなら、あなたは進歩する訳がないよ?

間違ってたら教えて下さい。

 

 

好-结果补语,結果補語-[中国語文法]

今日の学習

“好”作结果补语,表示动作达到完善的地步。
“好”作結果補語,表示動作達到完善的地步。
”好”は結果補語として用いられ、動作が完璧な程度に達することを表す。

1.
不过我还没想去哪儿。
不過我還沒想去哪兒。
しかし私はどこに行くかまだ決まりません。

2.
小红,今天咱俩去哪儿玩儿?你想了吗?
小紅,今天咱倆去哪兒玩兒?你想了嗎?
小红,今日私たち2人どこへ遊びに行きますか?あなたは決まりましたか?

3.
你的衣服明天才能做
你的衣服明天才能做
あなたの服、明日やっと出来上がります。

4.
这台空调能修吗?
這台空調能修嗎?
このエアコン修理して直りますか?

5.
大家坐,现在上课了。
大家坐,現在上課了。
皆さん座ってください、授業を始めます。

間違ってたら教えて下さい。

 

 

哪儿,哪兒[中国語文法]

今日の学習

哪儿[nǎ’er]
哪兒[nǎ’er]

前一小句或短语表示后一小句或短语的条件、范围。第一个句子里的“哪儿”是任指的,第二个“哪儿”所指对象随第一个而定。两个“哪儿”指的是同一个对象。其他的疑问代词也可以这么用。
前一小句或短語表示後一小句或短語的條件、範圍。第一個句子裡的“哪兒”是任指的,第二個“哪兒”所指對象隨第一個而定。兩個“哪兒”指的是同一個對象。其他的疑問代詞也可以這麼用。
前の文節またはフレーズは後の文節やフレーズの条件や範囲を表す。前の文節の”哪儿”はどこであるかを任せたもので、後の文節にある”哪儿”の指す対象は前の”哪儿”によって決められる。二つの「哪儿」の指すのは同じ対象である。他の疑問代名詞もこのように使える。

1.
你去哪儿,我就去哪儿。
你去哪兒,我就去哪兒。
あなたの行くところ、私も行きます。

2.
哪儿好看,咱们就去哪儿。
哪兒好看,咱們就去哪兒。
きれいな所だと思います。ではそこに行きましょう。

3.
哪个商店的东西又好又便宜,哪个商店的人就多。
哪個商店的東西又好又便宜,哪個商店的人就多。
店の品物が良くて安いところは、必ず人が多いです。

4.
他想怎么办就怎么办,从来不听我们的。
他想怎麼辦就怎麼辦,從來不聽我們的。
彼は自分の思い通りにやります。ぜんぜん私たちの言うことを聞かない。

5.
谁愿意去谁去。
谁愿意去誰去。
誰でも行きたいと思うならば、誰が行っても良い。

6.
你买什么,我们就吃什么。
你買什麼,我們就吃什麼。
あなたが買ったものは、私たちは何でも食べます。

7.
你什么时候有空儿,我就什么时候来。
你什麼時候有空兒,我就什麼時候來。
あなたの都合の良いとき、私はその時来ます。

間違ってたら教えて下さい。

 

结果补语,結果補語[中国語文法]

今日の学習


结果补语是说明动作结果的,例:一、
猜对了/二、去晚了/四、吃不好也睡不好/五、坐腻了。
結果補語是說明動作結果的,例:一、
猜對了/二、去晚了/四、吃不好也睡不好/五、坐膩了。
結果補語は動作の結果を説明するものである。ex):一、猜对了/二、去晚了/四、吃不好也睡不好/五、坐腻了。

 

1.
你说具体一点儿。
你說具體一點兒。
あなた、もう少し具体的に言って。

2.
我没听懂你说的话。
我沒聽懂你說的話。
私はあなたの話、分からない。

3.
他說錯了一句話。
他说错了一句话。
彼は話を、言い間違えました。

4.
这东西不能放在桌子上。
這東西不能放在桌子上。
この物はテーブルの上に置くことは出来ない。

5.
这几天我天天坐,已经坐腻了。
這幾天我天天坐,已經坐膩了。
ここ数日私は毎日乗っている、もう乗るのはあきあきしました。
間違ってたら教えて下さい。

 

…的话、…的話[中国語文法]

今日の学習

…的话[dehuà]
…的話[dehuà]

(多く‘如果’‘假如’‘要是’と呼応し,仮定関係を表わす複文の仮定節に用い)…ならば,…したら.
(‘否则’‘不然’‘要不’‘’と続けて用い,上節を受けて)そうでなければ.

“……的话”,假设复句的又一种形式,它前边可以有“如果”﹑“要是”﹑“假如”等表示假设的词。口语常用。
“……的話”,假設複句的又一種形式,它前邊可以有“如果”﹑“要是”﹑“假如”等表示假設的詞。口語常用。
“…的话”は仮定複文のもう一つの形式である。その前に”如果”、”要是”、“假如”などの仮定を表す言葉があってもよい。話し言葉である。

 

1.
急着穿的话,两天也行。
急著穿的話,兩天也行。
急いで着るとしたら、2日でもいいです。

2.
你去不了的话,可以让别人去。

你去不了的話,可以讓別人去。
あなたが行くことが出来ないとしたら、他の人に行ってもらってもいいです。

3.
做这个工作不让真的话,就会出错。
做這個工作不讓真的話,就會出錯。
この仕事を真剣にしないと、間違いが起きます。

4.
如果吃中药有效的话,就不用做手术了。
如果吃中藥有效的話,就不用做手術了。
もし漢方薬を飲んで効果があれば、手術の必要はありません。

5.
要是你不相信的话,那就算了。
要是你不相信的話,那就算了。
もしあなたが信用できないのなら、やめにしよう(もうどうでもいいよ)

間違ってたら教えて下さい。

 

特别是,特別是[中国語文法]

今日の学習

特别是[tèbié shì]
特別是[tèbié shì]
特に…,特別…

特别是”用于从同类事物中提出最突出的部分进行说明。后边常用名词或动词。
特別是”用於從同類事物中提出最突出的部分進行說明。後邊常用名詞或動詞。
特别是“は同じ種類の物事から特に目立つ部分を取り出して説明する時に用いられる。その後に通常名詞や動詞を用いる。

1.
特别是那条裙子,我明天中午就要穿。
特別是那條裙子,我明天中午就要穿。
特にこのスカートです。私は明日の昼穿きたいです。

2.
我们班同学进步都很快,特别是望月。
我們班同學進步都很快,特別是望月。
私たちの班のクラスメートは勉強の進歩はとても早い。特に望月である。

3.
今年情况比较好,特别是农民们学会了科学种田,粮食产量比去年增加了 三分之一。
今年情況比較好,特別是農民們學會了科學種田,糧食產量比去年增加了 三分之一。
今年の状況は比較的良い。特に農民たちが学んで身に着けた科学農作業、食料生産高は昨年より3分の1増加しました。

4.
我不喜欢做饭,特别是包饺子,麻烦死了。
我不喜歡做飯,特別是包餃子,麻煩死了。
私は料理を作るのが好きでない。特別餃子を作ることです。面倒で死にそうです。

間違ってたら教えて下さい。

 

 

“不…不…”、”没有…不…”、”不…没有…”、”没有不…”[中国語文法]

今日の学習

不…不…[bù…bù…]
没有…不…[méiyǒu…bù…]
不…没有…[bù…méiyǒu…]
没有不…[méiyǒu bù…]

在一个句子里用两个否定词表示肯定的意思,语法上叫“双重否定”。双重否定的形式有:“不……不……”、“没有……不……”、“不……没有……”、“没有不……”等。
在一個句子裡用兩個否定詞表示肯定的意思,語法上叫“雙重否定”。雙重否定的形式有:“不……不……”、“沒有……不……”、“不……沒有……”、“沒有不……”等。
一つの文の中で、二つの否定の言葉を使って、肯定の意味を表す場合は、「双重否定」という。形式は「不……不……」、「没有……不……」、「不……没有……」、「没有不……」などである。

 

1.
周围的同学没有不羡慕他们的。
周圍的同學沒有不羨慕他們的。
周囲のチームメートは彼らがうらやましくない訳がない(うらやましい)です。

2.
这么重要的比赛我看。
這麼重要的比賽我看。
この大事な試合は必ず見ます。(見ないことは出来ない)

3.
大家都在议论这件事,他知道。
大家都在議論這件事,他知道。
皆この事を話題にします、彼はきっと知っています。(知らないわけはないだろう)

4.
整个夏天也没有一天游泳的。
整個夏天也沒有一天游泳的。
夏の間彼は毎日泳ぎます。

5.
两个星期以前就通知他们考试的日期了,应该时间复习。
兩個星期以前就通知他們考試的日期了,應該時間複習。
2週間前に彼らに試験の日程を知らせました、復習の時間がない訳ないでしょう。

6.
认识左拉的人没有不说他可爱的。
認識左拉的人沒有不說他可愛的。
左拉を知っている人は、皆彼はかわいいと言います。

7.
这里的情况,你知道。
這裡的情況,你知道。
ここの状況は,君が知らないわけないだろう.
8.
没有不需要的东西
沒有不需要的東西
要らないものはない。

9.
没有不能实现的梦想。
沒有不能實現的夢想。
叶わない夢なんてない!

間違ってたら教えて下さい。