人是衣服马是鞍、人是衣服馬是鞍 [中国語文法]

人是衣服马是鞍[rén shì yī shang mǎ shì ān]
人是衣服馬是鞍 [ㄖㄣˊ ㄕ` ㄧ ㄕㄤ˙ ㄇㄚˇ ㄕ` ㄢ]

(人は服装により,馬は鞍によって引き立つ→)どんな人間でも美しい服を身に着ければ立派に見える,馬子にも衣装.
人は衣装で引き立ち,ウマは鞍で引き立つ

間違えてたら教えてください。


摆阔气、擺闊氣 [中国語文法]

摆阔气[bǎi kuò・qi]
擺闊氣[ㄅㄞˇ ㄎㄨㄛ` ㄑㄧ˙]
((慣用語)) (むだ金を使って)派手にふるまう,金持ちぶる.≒摆阔,耍派场.装土豪 Act as if he is rich.

1.
我不会拿大伙儿的钱摆阔。
我不會拿大夥兒的錢擺闊。
私は皆の金を使って派手にふるまうようなことはしない.

2.
在别人面前 摆阔气。
在別人面前 擺闊氣。
人の前で金持ちぶる。

間違えてたら教えて下さい。


看花了眼、看花了眼 [中国語文法]

看花眼 [kàn huā yǎn]
看花眼 [ㄎㄢ ㄏㄨㄚ ㄧㄢˇ]  
見間違える.戸惑う.目がくらむ.目がちかちかする.

金鱼种类太多看花眼了,挑不出来
金魚種類太多看花眼了,挑不出來
金魚の種類が多過ぎて目移りして、選びきれない

长时间看电脑,看花眼了。
長時間看電腦,看花眼了。
長い時間パソコンをしていると目がかすむ。

不会吧,我看花眼了。
不會吧,我看花眼了。
まじか、目を疑う。

教科書では下記の意味で使用されてるようです。
眼睛看错了 [yǎnjīng kàn cuòle] 見誤る 

第一课 名牌就是名牌 第一課 名牌就是名牌 [中国語文法]

第一课 名牌就是名牌
热身话题
1.你有什么名牌的东西?
2.你知道哪些名牌产品(服装、化妆品、电器、汽车等)?
3.高档和名牌有什么关系?
本课人物:郝阳、林雪、张华胜、刘玉玲、售货员
场景:刘玉玲陪张华胜去买衣服,路过东方广场时,突然看到郝阳和林雪正在露天茶座休息,就走了过来。

华胜:林姐、郝大哥,真是你们!我以为看花了眼呢!
林雪:啊,你们二位也到这边来了,这么巧!
华胜:怎么两手空空的,没有买到满意的东西?
林雪:哪儿啊,我们去的是汽车市场。原来郝阳公司离家很近,走路也不过一刻钟,可是公司现在盖起了自己的写字楼,离家远多了,再说他的业务也比较多,需要到处跑,而我上班也离不了车,原来那辆车就不够用了,想再买一辆新车。今天正好有时间,就出来看看。

华胜:要买新车?恭喜恭喜!看来你们事业蒸蒸日上啊。(开玩笑道)你们是买宝马呀,还是买奔驰?

林雪:还劳斯莱斯呢!宝马也好,奔驰也好,价位都不低。所以我主张买中档合资的,价格适中,性能也不错;可郝阳呢,坚持要买高档进口车,说不仅质量放心,看起来也很有派头。可是买高档车就得考虑花费的问题,车本身价格就不用说了,保险费一般也低不了;还有停车的问题,旧车停在露天也就罢了,高档车谁忍心让它风吹日晒?所以得考虑买一个或租一个地下车位。这样一笔一笔算下来,就怕买得起车,养不起车。再说呢,咱们买车只是把它当做代步工具,高档车的什么自动天窗啦,自动后门啦,高级音响啦,好多性能都不大能用得上。所以我还是觉得中档合资车更实惠。

郝阳:你们听听,我们这位考虑得还真够实在的。不过,话又说回来,这车一买就得用好几年,也属于固定资产。我又经常跟客户打交道,好车也是实力的象征,不能马虎对待。

华胜:我同意郝大哥的话,买车当然就要买高档的。车不像衣服,说换就换,再说你们的工作都不错,与其将来后悔,不如现在下点决心,买一辆自己喜欢的。贷点款也行啊。

林雪:你们男的都喜欢摆阔气。其实谁不喜欢好车啊!我们俩都看中一款凌志车,车型漂亮,也很宽敞,周末一家人开着出去玩,多棒啊!不过你们说的也有道理,我们应该再多看几家再做决定。哎,说了半天,你们俩干嘛来了?不会只是手拉手来逛大街吧?

玉玲:华胜哪有这个闲工夫!他下周要负责跟外商谈笔生意,说以前的衣服都不太适合这种场合,想再买一套衣服把自己“包装”一下,就拉我来当参谋。

林雪:(对华胜)玉玲的眼光不俗,你算找对人了。正好我也想看看服装,郝阳,我们也一起去吧。

郝阳:我才不去呢!我最怕逛商店,我宁愿坐在这儿看报纸、喝咖啡等你。

林雪:那我就不勉强你了,报纸你慢慢看,等急了就给我打手机。(张华胜在店里试西服)

玉玲:哇,真是“人是衣服马是鞍”,华胜西服一穿,我都不敢认了。这衣服多合身哪!简直就像量身定做的。
林雪:华胜是个帅哥嘛,穿什么都好看。
华胜:别拿我开心了。林姐,你也觉得这套不错吗?
林雪:嗯,颜色、样式都不错,质地、手感也挺好,就是·······就是价钱高了点儿。
售货员:一分价钱一分货嘛!我们是名牌店,这款西服由意大利设计师设计,做工也都绝对一流,每款只有两套,我们另外赠送一条皮带。
华胜:皮带就算了,我正好缺一双皮鞋,换成那双“老人头”吧。
售货员:先生您真幽默!不过很抱款,我们这里都是一口价,赠品也不是我说了算。
华胜:行了,就是它了!您给开票吧。(中午时分,三人出来与郝阳会合,一起去一家餐馆吃饭。)
林雪:我真服了华胜,一看是名牌,根本不考虑价格,掏钱就买。你们都喜欢高档、名牌,是不是有名牌情结呀?

郝阳:别扣大帽子啊!名牌是“高质量、高信誉”的代名词,汽车啦,服装啦,某种程度上,就是一种身份地位的象征。穿这么一身服装去谈生意,那感觉就和开宝马一样,特自信。

华胜:可不是嘛,我喜欢名牌,可以说是情有独钟,重要场合穿名牌很精神,让人特自信。另外还有一个重要原因,跟人谈生意,服装正式一些,也体现了对对方的尊重。你们说是不是?

林雪:我倒不是一概反对你们买名牌。不错,名牌代表着“高质量、高信誉”,但同时,它也代表着“高价位”呀。有钱的大款毕竟是少数,大多数的老百姓,在买名牌时,还是会三思而后行的。

华胜:林姐说得有道理,名牌的“高价位”确实能吓跑许多人。不过我之所以喜欢买名牌,是因为平时工作忙,没时间也没耐心去逛商场,买名牌主要图的是放心。

郝阳:最近我们公司做了一次市场调查,发现有相当数量的年轻人,对高档名牌有一种盲目的崇拜心理,他们不顾自己的经济条件,互相攀比,甚至一掷千金,想借名牌来抬高自己的身价。

林雪:那肯定要陷入超前消费的怪圈。不过年轻人是社会重要的消费群体,有些东西不超前消费还不行,就像买房和买车一样。

郝阳:毕竟买名牌的是少数。不知你们注意到没有,前面那家“第四百货商场”本来挺受老百姓欢迎,但前两年忽然搞起了“精品百货”,花大钱装修了好几个月,重新开业后却一直亏损,现在又改回做“大众百货”了。

华胜:看来我也得学点儿过日子的经验了,不然大手大脚惯了,将来连家也养不起!

林雪:你呀,现在明白也不晚哪!

第一課 名牌就是名牌
熱身話題
1.你有什麼名牌的東西?
2.你知道哪些名牌產品(服裝、化妝品、電器、汽車等)?
3.高檔和名牌有什麼關係?
本課人物:郝陽、林雪、張華勝、劉玉玲、售貨員
場景:劉玉玲陪張華勝去買衣服,路過東方廣場時,突然看到郝陽和林雪正在露天茶座休息,就走了過來。

華勝:林姐、郝大哥,真是你們!我以為看花了眼呢!
林雪:啊,你們二位也到這邊來了,這麼巧!
華勝:怎麼兩手空空的,沒有買到滿意的東西?
林雪:哪兒啊,我們去的是汽車市場。原來郝陽公司離家很近,走路也不過一刻鐘,可是公司現在蓋起了自己的寫字樓,離家遠多了,再說他的業務也比較多,需要到處跑,而我上班也離不了車,原來那輛車就不夠用了,想再買一輛新車。今天正好有時間,就出來看看。

華勝:要買新車?恭喜恭喜!看來你們事業蒸蒸日上啊。 (開玩笑道)你們是買寶馬呀,還是買奔馳?

林雪:還勞斯萊斯呢!寶馬也好,奔馳也好,價位都不低。所以我主張買中檔合資的,價格適中,性能也不錯;可郝陽呢,堅持要買高檔進口車,說不僅質量放心,看起來也很有派頭。可是買高檔車就得考慮花費的問題,車本身價格就不用說了,保險費一般也低不了;還有停車的問題,舊車停在露天也就罷了,高檔車誰忍心讓它風吹日曬?所以得考慮買一個或租一個地下車位。這樣一筆一筆算下來,就怕買得起車,養不起車。再說呢,咱們買車只是把它當做代步工具,高檔車的什麼自動天窗啦,自動後門啦,高級音響啦,好多性能都不大能用得上。所以我還是覺得中檔合資車更實惠。

郝陽:你們聽聽,我們這位考慮得還真夠實在的。不過,話又說回來,這車一買就得用好幾年,也屬於固定資產。我又經常跟客戶打交道,好車也是實力的象徵,不能馬虎對待。

華勝:我同意郝大哥的話,買車當然就要買高檔的。車不像衣服,說換就換,再說你們的工作都不錯,與其將來後悔,不如現在下點決心,買一輛自己喜歡的。貸點款也行啊。

林雪:你們男的都喜歡擺闊氣。其實誰不喜歡好車啊!我們倆都看中一款凌志車,車型漂亮,也很寬敞,週末一家人開著出去玩,多棒啊!不過你們說的也有道理,我們應該再多看幾家再做決定。哎,說了半天,你們倆幹嘛來了?不會只是手拉手來逛大街吧?

玉玲:華勝哪有這個閒工夫!他下週要負責跟外商談筆生意,說以前的衣服都不太適合這種場合,想再買一套衣服把自己“包裝”一下,就拉我來當參謀。

林雪:(對華勝)玉玲的眼光不俗,你算找對人了。正好我也想看看服裝,郝陽,我們也一起去吧。

郝陽:我才不去呢!我最怕逛商店,我寧願坐在這兒看報紙、喝咖啡等你。

林雪:那我就不勉強你了,報紙你慢慢看,等急了就給我打手機。 (張華勝在店裡試西服)

玉玲:哇,真是“人是衣服馬是鞍”,華勝西服一穿,我都不敢認了。這衣服多合身哪!簡直就像量身定做的。
林雪:華勝是個帥哥嘛,穿什麼都好看。
華勝:別拿我開心了。林姐,你也覺得這套不錯嗎?
林雪:嗯,顏色、樣式都不錯,質地、手感也挺好,就是·······就是價錢高了點兒。
售貨員:一分價錢一分貨嘛!我們是名牌店,這款西服由意大利設計師設計,做工也都絕對一流,每款只有兩套,我們另外贈送一條皮帶。
華勝:皮帶就算了,我正好缺一雙皮鞋,換成那雙“老人頭”吧。
售貨員:先生您真幽默!不過很抱款,我們這裡都是一口價,贈品也不是我說了算。
華勝:行了,就是它了!您給開票吧。 (中午時分,三人出來與郝陽會合,一起去一家餐館吃飯。)
林雪:我真服了華勝,一看是名牌,根本不考慮價格,掏錢就買。你們都喜歡高檔、名牌,是不是有名牌情結呀?

郝陽:別扣大帽子啊!名牌是“高質量、高信譽”的代名詞,汽車啦,服裝啦,某種程度上,就是一種身份地位的象徵。穿這麼一身服裝去談生意,那感覺就和開寶馬一樣,特自信。

華勝:可不是嘛,我喜歡名牌,可以說是情有獨鍾,重要場合穿名牌很精神,讓人特自信。另外還有一個重要原因,跟人談生意,服裝正式一些,也體現了對對方的尊重。你們說是不是?

林雪:我倒不是一概反對你們買名牌。不錯,名牌代表著“高質量、高信譽”,但同時,它也代表著“高價位”呀。有錢的大款畢竟是少數,大多數的老百姓,在買名牌時,還是會三思而後行的。

華勝:林姐說得有道理,名牌的“高價位”確實能嚇跑許多人。不過我之所以喜歡買名牌,是因為平時工作忙,沒時間也沒耐心去逛商場,買名牌主要圖的是放心。

郝陽:最近我們公司做了一次市場調查,發現有相當數量的年輕人,對高檔名牌有一種盲目的崇拜心理,他們不顧自己的經濟條件,互相攀比,甚至一擲千金,想藉名牌來抬高自己的身價。

林雪:那肯定要陷入超前消費的怪圈。不過年輕人是社會重要的消費群體,有些東西不超前消費還不行,就像買房和買車一樣。

郝陽:畢竟買名牌的是少數。不知你們注意到沒有,前面那家“第四百貨商場”本來挺受老百姓歡迎,但前兩年忽然搞起了“精品百貨”,花大錢裝修了好幾個月,重新開業後卻一直虧損,現在又改回做“大眾百貨”了。

華勝:看來我也得學點兒過日子的經驗了,不然大手大腳慣了,將來連家也養不起!

林雪:你呀,現在明白也不晚哪!

ブランドはやはりブランドである

トピックス
1.どのようなブランドのアイテムがありますか?
2.あなたが知っているブランド品(衣料品、化粧品、電化製品、自動車など)は何ですか?
3.高級品とブランドの関係とは?
このレッスンの参加者:郝陽、林雪、張華勝、劉玉玲、販売員
シーン:張華生の買い物に付き合っていた劉玉玲は、東方広場の前を通りかかると、郝陽と林雪が屋外のカフェで休憩しているのを見つけ、近寄っていく。

華聖:林雪さん、郝陽さん、本当にあなたなの!? と思ったら、勘違いだった!?
林雪:あら、お二人もいらっしゃるのね、なんという偶然でしょう。
華聖:なぜ手ぶらなんですか?
林雪:どこで? 車市場に行ったんだ。 もともと郝陽の会社は家から歩いて4分の距離でとても近かったのですが、今は会社が自社ビルを建ててしまい、家からはかなり離れています。彼は仕事が多いので、どこにでも行く必要があり、私は車がないと仕事に行けないのですが、郝陽の会社には車がありません。 今日は時間があるから、見に来たんだ。

張華勝:新車を買いたいんですか? おめでとうございます。 ビジネスが好調のようですね。(冗談交じりに)BMWとベンツ、どっちを買う?

林雪:ロールスロイス!? BMWもメルセデスも価格は安くない。 だから、私は手ごろな価格で性能のいい中級の合弁車を買いたいのですが、郝陽は品質が保証されているだけでなく、見た目もいいと、高級輸入車を買うと言い張るのです」。 しかし、高級車を買うとなると、車本体の値段はもちろんのこと、保険料も安くないのが普通なので、コストを考えなければならない。 だから、地下駐車場の購入や賃貸を検討しなければならない。 一括計算をすると、車を買う余裕はあっても、維持する余裕はないのではと心配になります。 私たちは移動手段として車を買うだけなので、高級車の自動サンルーフや自動リアドア、高級オーディオなどはあまり意味がないのです。 だから、やはり中級の合弁車の方がお得だと思うんです。

郝陽:聞いてください、この人は本当に現実的に考えているんです。 しかし、それにしても、車は一度買ったら何年も使うものだから、固定資産になるよね。 私はいつもお客様と接していますが、いいクルマは力の表れですから、手を抜くことはできません。

張華勝:郝陽と同じ意見で、もちろん高級車を買わなければなりません。 クルマは洋服と違って、いつでも買い替えられるし、ふたりともいい仕事をしているんだから、将来後悔するよりも、今決心して気に入ったものを買えばいいんだよ。 ローンを組むのはいいんです。

林雪:皆さん、気前がいいんですね。 でも、いいクルマが嫌いな人はいないでしょう。 二人ともレクサスに目がないんです。 広くていい車だし、週末に家族で出かけるにはもってこいですからね。 でも、一理ありますね、もう少し見てから決めるべきですね。 おい、お前らここで何してるんだ? 手をつないで出歩くだけではないんですね?

劉玉玲:張華勝には時間がないんだよ!? 来週、外国人と商談をしなければならないのですが、今までの服はこういう場にはあまりふさわしくないので、もう1セット買って自分を「パッケージ」したいと言っています。

林雪:(華勝に)玉玲は目が良いから、いい人を見つけたね。 私も服が見たいわ、郝陽、一緒に行きましょう。

郝陽:行かないよ! ここで新聞を読みながら、コーヒーを飲んで待っていたいんだ。

林雪:じゃあ、無理強いはしないから、ゆっくり新聞を読んで、急ぐときは私の携帯に電話してね。(店内でスーツを試着する張華生)。

劉玉玲:いやあ、本当に「服は鞍替え」ですね、華聖のスーツが着たらもう認められませんよ。 とてもフィットしていますね。 まるでテーラーメイドのスーツのようです。
林雪:華聖はハンサムだから、何でも似合うんだよ。
華勝:バカにしないでください。 林姉さん、このスーツもいいと思う?
林雪:そうですね、色もスタイルもいいし、質感や手触りもいいんですが、——値段がちょっと高いんです。
販売員:商品の品質はその値段次第! 私たちはブランドショップです、このスーツはイタリアのデザイナーによってデザインされ、仕上がりも絶対的に一流です、各モデル2セットのみ、ベルトも無料でお付けしています。
華勝:ベルトはいいから、革靴が欲しい。”老人の首 “と交換しよう。
販売員:あなた、面白いですねぇ。 ただ、こちらは一回限りの価格なので、無料でプレゼントするのは私の判断ではありません。
華勝:よし、これでいいんだ! 請求書を発行することができます。(昼、郝陽を迎えに出てきた3人は、レストランに行き、一緒に食事をした)
林雪:華聖は本当にすごいですね、ブランド品だとわかると、値段も考えず、そのままお金を出して買ってしまいました。 皆さんは高級品やブランド品がお好きですが、ブランド品にコンプレックスがあるのでしょうか?

郝陽:大きなラベルを貼らないでくださいよ。 ブランド名は「高品質・高評価」の代名詞であり、車や服はある意味、ステータスの象徴である。 このようなスーツを着て商談するのは、BMWに乗るようなもので、とても自信が持てるのです。

華勝:そうですね、デザイナーズブランドは好きといえば好きですし、大事な場面で身につけると自信になります。 もうひとつの重要な理由は、相手とビジネスの話をするとき、相手への敬意を示すために、よりフォーマルな服装が必要だからです。 そう思いませんか?

林雪:私はデザイナーズブランドを買うこと自体に反対しているわけではありません。 確かにブランド名は「高品質・格式」の象徴であるが、同時に「高価格」の象徴でもある。 結局、富裕層や権力者は少数派で、大多数の庶民はブランド品を買うのに頭を悩ませることになるのです。

華勝:林さんのおっしゃる通り、ブランド品の「高さ」は、確かに多くの人を不安にさせます。 ただ、仕事が忙しく、ショッピングモールに行く時間や根気がないので、安心感を求めてデザイナーズブランドを中心に購入するのが好きです。

郝陽:最近、弊社が市場調査を行ったところ、ハイブランドに盲目的な憧れを抱いている若者が相当数いることがわかりました。

林雪:確かに使いすぎの輪に巻き込まれていますね。 しかし、若者は社会の重要な消費者であり、家や車を買うのと同じように、使いすぎなければできないことがある。

郝陽:結局、ブランド品を買う人は少数派なんですよね。 お気づきかどうかわかりませんが、目の前の「第四百貨店」は、以前は庶民的でかなり人気があったのですが、2年前に突然「ブティック百貨店」を始め、数ヶ月間大金をかけて改装しましたが、リニューアルオープン後は赤字が続いているのだそうです。 今は「雑貨屋さん」に戻っています。

華勝:人生勉強しないと、散財に慣れたら家族を養えなくなりそうですね!(笑)。

林雪:今からでも遅くないから、気づいてくださいよ。

一分价钱一分货嘛
商品の品質はその値段次第。